独学をおすすめ出来る楽器はこの3つ!初期費用や難易度を考慮して総合的に判定

楽器独学
初心者A
初心者A

何か楽器弾いてみたいな〜でも習いに行く時間やお金は無いな…
独学出来る楽器ってあるのかな?

楽器を習得する一番の近道は,出来る人に習うことです。

それは間違いない事実ですが,どうしても習えない環境の人っていると思います。

楽器を弾くってすごく楽しいんですよ。
習えないからといって諦めてほしくない…
ぜひ皆さんに音楽を奏でる楽しさを知ってほしい…

そこで楽器を独学するとしたら,どの楽器が向いているのかを様々な角度から考えていきたいと思います。

楽器の独学には,いくつか壁があります。
私が考える壁は以下の通り。

①初期費用
②練習場所の確保
③楽器の難易度
④モチベーションの維持
⑤情報の多さ

習得出来るかどうかは,楽器の難易度だけでは無いと考えています。

だから「〇〇は独学出来る!」という声を信じて楽器を買ったはいいものの
結局練習しなくなってしまった,ということになりかねません。

TETSUYA
TETSUYA

一緒に楽器弾ける人が増えたら嬉しいけど,習得にはお金も時間も使うことになるから,無責任に勧めるのもなぁ…

そこで,この5つの観点を加味して,「独学に向いている楽器3選」を決めたいと思います。
ちなみに私が,練習したことがある楽器は以下の通り。

ピアノ,エレクトーン,エレキギター,クラシックギター,アコーディオン,バイオリン,サックス,トロンボーン

きっと一般人よりかは多くの楽器に触れていると思うので,少しは信頼してもらえるかな…
(ただ,ピアノに関しては,4歳のころから習っていたので,独学ではありません。)

①初期費用

まずは,初期費用です。これは,明らかに有利な楽器と不利な楽器があります。
構造が複雑な楽器は,初心者用と言えども安く作ることは難しいのです。

アコーディオンは構造が複雑で,初心者用も中上級者用も値段が変わらない

ピアノをイメージしてもらったら良いかと思います。
初心者の人が使うピアノと,中上級者が使うピアノは基本的に同じ構造ですよね。

TETSUYA
TETSUYA

初心者用のピアノは鍵盤の数が半分,みたいなことは無いよね…(笑)

構造が複雑な楽器であればあるほど,初心者用の楽器も高額になるため,初期費用がかさみます。

ピアノの場合は電子ピアノだと安いですが,電子アコーディオンはそこまで安くありません。

だから,アコーディオンをやろうと思ったら初期費用はある程度覚悟する必要があります。

弦楽器は構造が単純だから,初心者用の楽器が安い

ギターやバイオリンといった弦楽器の強みが,構造が単純であることです。人の手をあまりかけずに大量生産が可能であるため,材料を安価なものにすることで安く作ることが出来るのです。

これは私が持っているバイオリンなのですが,15,000円程度で買いました。
とりあえず一曲弾ける,という状態になるまでならこれで十分だと思います。

②練習場所の確保

これは意外と難しい問題です。
アパートに住んでる人は,家で金管楽器系を練習するのは無理だと思ってください。
私のように家に防音室を作っちゃった人ならいけるかも…と思いましたが,やっぱり難しいです。

TETSUYA
TETSUYA

音楽を愉しむ者として,マナーは大切ね。

電子楽器は近隣を気にせずいつでも練習出来る

電子楽器の一番の強みですね。電子ピアノやエレキギターはアパートでも演奏可能です。そして夜遅くでも電子楽器ならば練習が出来ます。時間に縛られずに練習できるのは大きな利点です。

私が愛用している電子ピアノです。
電子ピアノは価格帯が幅広く,初心者からある程度弾ける人まで選択肢があります。

③楽器の難易度

実はこれはあまり気にしなくても良かったりします。
この楽器が弾きたい!!って強い思いがあるならたくさん練習しますよね。だから,たくさん練習出来る環境を整えることが大事だと思っています。

しかし…実は,技術的に独学に不向きな楽器はあります。

バイオリン等の音程が定まらない楽器は独学が難しい

私は,一応バイオリンを独学で練習し,数曲は弾けるようになりました。

しかし,一番苦労した楽器のひとつです。

なぜかと言うと,バイオリンはピアノやギター等と違って,音程が無段階で変化するからです。

つまり,自分が出している音が何の音か,視覚に頼らず聞いて分からないとお話になりません。

TETSUYA
TETSUYA

ピアノやギターは押さえるのが同じ場所なら同じ音,でもバイオリンは微妙な調節が必要なんだよね。1人で練習するのは本当に大変…

楽器経験者なら,音感を持っていることが多いのでクリア出来るかもしれません。

しかし,未経験者がいきなり独学で手を出すと高確率で挫折すると思います。

楽器未経験者で,バイオリンを弾けるようになりたいなら,正直習ったほうがいいです。

④モチベーションの維持

これは盲点かもしれません。
まず,何のために楽器を弾けるようになりたいのか考えましょう。

自己満足でいいのか,余興で披露して脚光を浴びたいのか,あるいはモテたいのか(笑)
自己満足でいい人はどんな楽器でもやっていけます。

しかし,披露すること前提ならば持ち運びが出来たり,1人でも輝ける楽器が良いと思います。
また,自己完結出来るかどうかは独学で重要なことの1つだとも考えています。

TETSUYA
TETSUYA

独学はどうしてもモチベーションを保つのが難しい。
自分の成長を感じることが出来るように,独奏して楽しい楽器がいい。

ピアノの致命的な欠点は,運べないこと

ピアノは人気のある楽器のひとつですが,唯一と言っても過言ではない欠点は,持ち運び出来ないことです。

結婚式の余興で披露出来たらかっこいいな〜と思っている人は,持ち運び出来る楽器の方がモチベーションが保てるでしょう。

単音を出す楽器は,1人では輝きにくいこともある

金管楽器(トランペットやサックス)や木管楽器(クラリネットやオーボエ)は同時に出せる音は1音で,バイオリンは2音程度です。

音は美しいですが,1人だと少し物足りなさを感じるかもしれません。合奏する予定が無く,独学する場合は,メロディーを伴奏を両方1人で出来る楽器の方が良いでしょう。

TETSUYA
TETSUYA

演奏仲間が出来るとこの問題は解決出来るから,同士を探すのも手だなー。

⑤情報の多さ

分からないことが出てきたときに,すぐに解決出来る楽器が独学には向いています。

今はインターネットで検索すれば,いろんな人が情報を出してくれていますし,書店には入門書も多くあります。マイナーな楽器でなければ問題ないかなとも思います。

演奏人口が多いピアノ,ギターは無難

予想は出来ると思いますが,とにかく情報が多いのはピアノとギターです。

分からないことがあってもほとんどのことは自力で解決出来ると思います。問題解決の点から考えると独学に向いてると言えます。

独学しやすい楽器3選(独断と偏見あり)

①〜⑤のポイントを考え,独学をやりやすいと考えられる楽器を3つ選びたいと思います。

あくまでも,私の意見なので,ランクインしていないからと言って独学出来ない訳ではありません。私の独断と偏見に塗れたランキングです。

第1位 ギター

堂々の第一位です。これは皆さん納得いただけるかと思います。選んだポイントは…
①:◎初心者用の楽器はかなり安いです。
②:○音はそこまで大きくないです。(エレキならヘッドホンOK)
③:◎フレットがあるので音感が無くても練習を始められます。
④:◎持ち運びしやすく,1人で輝ける楽器です。
⑤:○情報は多いです。
このように私が考えている独学しやすい楽器のポイントをほぼ網羅する結果となりました。
私もクラシックギターを弾いていますが,独学でも楽しい楽器であると実感しています。

第2位 ピアノ

予想通りかよ,ってがっかりしないでくださいね。
持ち運び出来ないという点が人によってはモチベーションに影響を与えそうですが,やはり独学には向いていると言えます。ポイントとしては…
①:○電子ピアノなら安価で手に入れられます。
②:◎電子ピアノならヘッドホンOKです。
③:◎音が出せるようになるまでのハードルは一番低いでしょう。
④:○一度に出せる音が多く,1人で輝ける楽器です。
⑤:◎情報はかなり多いです。
ギターと同様,独学しやすい楽器であると言えると思います。

第3位 アコーディオン

ここであえてのチョイスをさせていただきました。
でも,理由は明確にあります。ポイントを確認していきましょう。
①:△安価では無いですね,残念。
②:○音量の制御はやりやすい楽器です。
③:○左手の習得が少し難しめですが,鍵盤を押して蛇腹を動かせばすぐに音を出せます。
④:◎一番の推しポイントです。一度に出せる音が多く,持ち運びが出来て1人で輝ける楽器です。
⑤:◎情報はぜひこのブログを参照してください。
アコーディオンは右手でメロディを奏でながら,左手のボタン1つで和音を鳴らすことが出来るという,自己完結出来る楽器です。そして持ち運びが出来るという点でピアノを上回っています。
ネックなのは価格だけです。予算がある人は十分に選ぶ価値がある選択ですね。

アコーディオン本当に楽しいです。まじで仲間増やしたい。

結局,選んだ3つは私が日頃から練習している楽器になりました。
お前の好みやないかい!とツッコまれそうですが,私がこうやって継続して練習出来ているということは,独学に向いている楽器だと言えると思います。

触ったこともない楽器をおすすめするよりかは良いですよね。(そういうことにしてください)

アコーディオンに関することを発信していきますので,良かったらお気に入りに登録お願いします。それではまたお会いしましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました